本文へスキップ

NPO法人いきいき市民協働ネット(i-CAN)の設立趣旨

新しい時代を迎え、経済活動をはじめ、いろいろ変わろうとしています。精神文化も含め、守るべきは守り、変えるべきものは変える。それもスピーディに行わなければならない時代になってきています。自治体の税収を増やすには、商業・産業を活性化しなければなりません。人口増は必ずしも税収増にはつながりません。どうすればよいか、答えはそう簡単ではありません。

しかし、明るくたのしい地元商店街をつくり、よそのまちからショッピングに、遊びに来るまちをつくることやソフトウェア産業の活性化や中高年齢者・障害者などのSOHOを育成する土壌・雰囲気をつくることはできるはずです。

これからは、社会の情報化が進み、否応なしに情報を上手に活用していかなければならなくなりました。私たちは、そのために、一芸・一能(スキル)を出し合い、手をつなぎ、主婦、中高年齢者、障害者や学生の方にも容易に力を出してもらえるような機会が得られるコミュニティづくりを目指していきます。

情報化が進めば社会が殺伐としてくる、との心配もありますが、そこにこそ中高年齢者の永年の人生経験を持って活躍することができます。情報技術(IT)の利用法を普及させるために、まず、インターネットなどの身近な活用から始め、次いで、メーリングリスト、掲示板、ホームページなどを利用して協働作業が行えるレベルまでスキルアップしていきます。

その上で、地域社会、地域産業の発展、地域の歴史・文化や環境の保全のために、市民、行政はもとより地元の各種商工業団体、教育機関や企業とも手をつないだ「協働活動」を展開していきます。

まず、国立・国分寺および近隣のまちで明るいコミュニティづくりをひとつのモデルとして成功させ、全国に展開していきます。さらに将来、新しい時代にあった生活文化情報の発信のまちを目指して、その核づくりに取り組んでいきます。


NPO法人いきいき市民協働ネット

〒〒186-0002
東京都国立市東1-4-6

国立商協ビル 1F